ストレートネック

ストレートネックとは?

 

ストレートネックとは、首の骨の頚椎がまっすぐの状態になって首の筋肉や神経に負担がかかり、首や肩のこり、頭痛、めまい、手のしびれなどの症状を発症します。

 

通常、首の骨の頚椎は、少しだけ前方方向に曲がっていて、この曲がった形状を維持し続けることで、重い頭を支えることができ、首にかかる負担も和らげることができるのです。

 

ところが、パソコンの画面と長時間にらめっこしたりすることで、首が同じ姿勢で固まったままになってしまい、頚椎がまっすぐに並んだ首に負担がかかりやすいストレートネックを発症してしまうというわけです。

 

ストレートネックを発症する原因としては、デスクワークでパソコンを使って長時間同じ姿勢で作業をしたり、子供が同じ姿勢のままゲームで長時間遊んだり勉強で椅子に座り続けたりすることが挙げられますが、最近特に多いのが、スマートフォンを長時間使用することで起こるストレートネックです。

 

携帯電話が普及して、最近ではスマートフォンを長時間使う方が増えてきてますが、中でも、特に女性を中心に「スマホ症候群」と呼ばれるストレートネックになる方が激増している傾向にあります。正常な頚椎の形状は、少しだけ前方方向に曲がっていて、この曲がった形状によって、首への負担を和らげながら重い頭を支えることができるのです。

 

しかし、ストレートネックでは、首への負担を和らげることができず、頚椎がまっすぐの形状になってしまい、頭の位置が前に出た状態になるので、首周りの筋肉が支えなければなりません。ストレートネックをそのまま放置して、首の筋肉に負担がかかり続けると、首や肩のこり、頭痛、めまい、手のしびれなど症状が現れるようになってくるのです。

 

これらの症状を改善するためには、消炎鎮痛剤という薬を用いて行われる痛みを軽くする薬物療法、装置に首を固定して伸ばすことで首への衝撃を和らげる牽引療法、患部を温めて血流を促進することで、筋肉のこりや痛みを鎮める温熱療法などが、ストレートネックに有効な治療法と言われています。

ストレートネックを改善するトレッチ法

 

近年では、パソコンや携帯電話が普及してきて、スマートフォンを長時間使う機会が増えていることもあり、女性を中心に「スマホ症候群」と呼ばれるストレートネックを発症する患者さんが激増し、間違いなく今後もストレートネックの患者さんの数は増えるでしょう。ところが、患者さんの数は増え続ける一方で、ストレートネックを治療で完治させている患者さんはほとんどいません。

 

今現在、病院で行われているストレートネック治療法には、薬物療法・牽引療法・温熱療法などがありますが、残念ながら、これらの治療法では、ストレートネックを完治させるのは難しいと思っておいた方がいいでしょう。なぜなら、ストレートネックの大本の原因は、毎日の習慣で体に染み付いてしまった姿勢の歪みにありますが、現在の病院の治療法では、このストレートネックの大本の原因を根本から治療することができないからです。

 

消炎鎮痛剤を用いて痛みを軽くする薬物療法、装置を使って首を伸ばすことで首の負担を和らげる牽引療法、患部を温めて血流を改善して筋肉の痛みを鎮める温熱療法、これらは全て痛みという表面的な症状しか和らげることができず、ストレートネックを根本から治療できているとは言えないのです。

 

一時的には痛みから解放されるかもしれませんが、痛みを出している大本の原因を取り除いたわけではないので、治療の効き目が薄れてしまうと、どうしても痛みをぶり返してしまうというわけです。しかし、治すのが困難なストレートネックでも、痛みをぶり返すことなく完治させることができる最善の方法があります。

 

実は、ストレートネックは、毎日の習慣で体に染み付いてしまった姿勢の歪みを矯正するストレッチで改善できるのです。ストレッチと言っても、一般的な準備運動のような簡単なストレッチではなく、ストレートネックの大本の原因となっているデスクワークなどの仕事や日頃の悪い習慣で、体に染み付いてしまった姿勢の歪みを矯正できる特殊なストレッチを行わないと改善することができません。

 

一時的にしか効果が期待できない薬物療法・牽引療法・温熱療法などの現在の治療法とは違い、毎日の習慣で体に染み付いてしまった姿勢の歪みを矯正できる特殊なストレッチを行えば、ストレートネックを根本から改善することができ、一生痛みなどの症状をぶり返すことはなくなるのです。

 

 

 椎間板ヘルニア対策
 椎間板ヘルニアをストレッチで治す方法とは?
 たった5分のストレッチで痛みを改善できます。
 今野清志のエクササイズ